担当者コラム File No.9
 「二日酔いに効きそうな食べ物」

辛い二日酔い、特効薬は無いけれど・・・

 何度かコラムで取り上げておりますが、二日酔いのつらさというのは、お酒が好きな人だけでなく、付き合いが多い人たちにとって共通の経験ですよね。

 二日酔いの症状としては、頭痛・吐き気・倦怠感といったところでしょうか。特効薬というのは残念ながらありませんが、症状を和らげるために「迎え酒」というのは宴会旅行ならともかくとして、日常生活ではやめておいたほうが無難です。そもそもお酒を飲むということは、アルコールを摂取するということですね。アルコールが体内に入ると、肝臓で処理されるわけですが、この際に処理される物質というのが、アセトアルデヒドと呼ばれるものです。

 アルコール摂取量が肝臓の処理能力を超えてしまった場合、アセトアルデヒドが体内に残留し、そのことによって二日酔い特有の各種の症状を生み出すという話です。つまり、対策としては代謝を良くするような成分が多く含まれているものを摂取するということが考えられるわけですが、サプリメントなどに頼らなくても、普段食べているものを少しアレンジすれば、二日酔いに効くものがあるのではないかと思います。

 そこで、ちょっと紹介したいメニューがいくつかあります。でも、私が日常的に食べたりしているものですので、効果が期待できるかどうかは個人差があると思います。これらの食事だけでなく、水分も意識して大量に摂りましょう。

二日酔いに効果がありそうなメニュー

1. シジミの味噌汁

普段お召し上がりになっている味噌汁の具にシジミを使うだけですね。シジミには有効成分がたっぷり含まれていますので、肝機能の向上にも貢献します。ぜひお試し下さい。私は、魚介類はほぼ口にしないのですが、これだけは仕方なしに食べるときがあります。

2. 卵雑炊

 卵を入れた雑炊なのですが、にんじんや長ネギ、大根、しょうが汁などを加えるとさらに強力なメニューになるでしょう。飲みすぎで荒れた胃にもうれしい優れものです。雑炊は消化にも良いですね。

3. 大根おろし

 そのまま食べても良いですし、ご飯と一緒に食べると食欲が出てきますよね。なるべくおろしたときに出る大根の汁も味噌汁に加えたりして、なるべく無駄にしないようにしてみてください。私の場合は、仕上げにご飯を盛った茶碗に全部流し込んで食べてしまいます。

それでは、楽しい宴会ライフを!(スタッフH)

インデックスに戻る

ページの先頭に戻る