担当者コラム File No.3
 「二日酔い対処法」

二日酔い対策宴会=二日酔い?こんな図式が成立している方もいらっしゃるかもしれませんが、たしかにつらいのがこの二日酔いです。「楽しみ過ぎたことへの罰ゲーム」ぐらいに軽く考えて処理できる程度の症状ならいざ知らず、きついときは本当にきついですよね?とにかく、いろいろな対処法を考えていくことにしましょう。ちなみに、二日酔いの対処方法は民間伝承にちかいものがあり、効果は個人差があると思います。内容に関する保障などは一切できませんので、あらかじめご了承下さいませ。

まずは基本から!

 二日酔い・・・大人になったら経験する方々も多いと思います。人それぞれの対処法があると思いますが、効果があるかどうかは・・・思い込みの部分が強いのも事実なので、実際のところは不明な点が多いかもしれません。二日酔いに最も効果的なのは、個人的には寝起きの水分補給です。

 私の場合、飲みすぎた翌日は、スポーツドリンクを一気に飲んで水分補給をします。そして、「これで大丈夫!」と自分に言い聞かせて、つらい翌日を乗り切っています。あとは肝臓に良いとされるものを食べたり、飲んでいる最中のケアも大切かもしれませんね。

 あとは、代謝を良くしてアルコールを体外に出す(本当にできるのかどうかわかりませんけどね)なんてのもあります。ぬるめのお風呂に入る・・・旅先なら可能な技かもしれません。ただ、お酒を飲んで温泉などを利用するのは控えたほうが安全です。ですから、大量のお酒を飲んだあとは、温度調節のできる部屋風呂を利用したりしてください。

民間療法は壮絶?

 以前、聞いた話なのですが、二日酔い予防に効くのは「塩水」だ!ということを力説している方がいらっしゃいまして、いったいそれが何の役に立つのか疑問に思っていたら、ようするに、無理やり吐けるらしいのです。確かに胃の中を空にすれば楽になるでしょう。でも、高血圧の人には危険ですよね。あとは味噌汁を何杯か飲むなんてのも良いらしいですね。でも、お茶やコーヒーをのんでスッキリしようなんて思う人も多いと思います。あとは、ウコンのタブレットを飲む人もいますね。でも、一番正しいのは、水分補給と睡眠だと思います。胃薬などを用意しておくのも良いでしょう。飲む前に胃薬や胃腸薬を服用しておくと、ダメージが軽減されると思います。そして、一番大切な対処法は・・・適量を守る!ということに尽きるでしょう。くれぐれも、飲みすぎに気をつけて、楽しい宴会ライフを楽しんでくださいね。(スタッフH)

>>インデックスに戻る

ページの先頭に戻る